上司・部下の恋愛ってあり?女性部下を落とす方法と社内恋愛のリスク

1日のうちの長い時間を過ごす会社内では、恋愛感情が生まれやすいと言われます。社内恋愛にはいくつかのメリットもありますが、ひとたび関係がギクシャクし始めたり、破たんすると、トラブルの種になりがちです。
今回は、社内恋愛の中でも特に上司と部下の恋愛にフォーカスを当て、女性部下を落とす方法や社内恋愛のリスクをご紹介します。

2236_image1

社内恋愛が知られたら、周囲にどう思われる?

社内恋愛といっても、法律で禁止されているわけではなく、「問題を起こさなければ、別に構わない」と寛容に受け止める人が多いようです。一人前の社会人同士だし、仕事に支障が出ない限りは干渉しないという考え方です。
一方で、社内、特に同じ部署に交際中のカップルがいた場合、周りが気を使わなければならないこともあります。2人が喧嘩しているときに険悪な雰囲気を社内に持ち込まれることもあるでしょう。2人が一緒にいる空間に入りづらかったり、別の上司が女性部下を叱責しようとしたときに、交際相手の男性上司に気を使って躊躇してしまうこともあるでしょう。2人が別れた場合は、やはり仕事に支障が出る可能性があるので、人事異動を検討することになります。
このように、社内恋愛が周りに与える影響は少なくありません。

そのため、「社内恋愛禁止」というルールを設定している会社もあります。法律違反ではないので絶対的な規約というわけではありませんが、社員のモチベーションや仕事の生産性が低下するリスクがあるのであれば、初めから禁止にしたほうが良いという会社側の方針です。

反対に「社内結婚」を推奨している会社もあります。現在、日本中の会社で優秀な社員の採用とつなぎ止めが課題になっています。その点、社内結婚した夫婦はお互いの仕事を理解できるため、円満な結婚生活を送りやすいと言われます。人事異動の配慮さえすれば、どちらか一方が相手の転勤に合わせて退職する可能性は低く、人材を確保しておきたい会社にとってもメリットだと言えるでしょう。

上司と部下が社内恋愛する場合のリスク

社内恋愛の中でも上司と部下が恋仲にある場合、どのようなリスクがあるのでしょうか?

同じ部署の上司と部下が交際する場合は細心の注意が必要です。男性上司は他の部下と自分の彼女に対して公平に接しているつもりでも、「○○さん(彼女)だけひいきにしている」と思われてしまいがちです。相手の女性部下が他の女性社員からひがまれる可能性も少なくありません。

また、部下と付き合っている上司は、自分のプライベートが社内に筒抜けになることも覚悟したほうが良さそうです。「社内の他の人には言わないで」と念を押したとしても、女性は一般的におしゃべりです。自分の私生活が彼女から他の部下にも知れ渡り、社内での評判を落とすことにもなりかねないため、普段から言動に注意する必要があります。

さらに大きなリスクは恋愛関係が破たんしたときです。いったん2人の関係が終わってしまうと、これまで穏やかだった交際相手の女性が手のひらを返したように反撃してくる可能性もゼロではありません。特に、上司は別れたくないのに女性が別れたがっているケースでは、今までの交際を「セクハラ」として会社の上層部に訴えるおそれもあります。最悪の場合には会社全体を巻き込み、裁判沙汰へと発展することも。別れた相手が社内や同じ部署の別の社員と交際するようになり、同じ会社に居づらくなって退職せざるを得ないというケースも考えられます。また、社内恋愛が禁止されている職場の場合、2人の関係が発覚すればどちらかが他の部署などに異動させられることもあるでしょう。

2236_image2

女性部下が男性上司に恋愛感情を抱く瞬間とは?

女性の部下は、男性上司のどのようなところを見て、恋愛感情を抱くのでしょうか?

上司・部下の関係に限らず通常の恋愛でもそうですが、女性は「ギャップ」に惹かれる傾向にあります。厳しく堅実な人だと思っていたらジブリアニメが好きだった、社内では無口でクールなキャラなのにカラオケではしゃいでいた、日頃のスーツ姿に比べて私服がお洒落だったなど、これまでとは違う一面を垣間見た瞬間に恋愛感情を抱く女性は意外と多いものです。

女性は基本的に、自分の話をきちんと聞いてくれる人に好感を持ちますが、社内恋愛でも同じことが言えます。与えられた仕事に戸惑っているときに的確なアドバイスをくれたり、気持ちが沈んでいるときにさりげなく声をかけてくれたりすると、女性は「この人、私のことをよく見てくれているな」と思うものです。また、仕事でミスをしたときも、頭ごなしに叱るのではなく、きちんとフォローをしてくれる男性上司に頼りがいを感じます。仕事がうまくいったときにもしっかり褒めてくれるような上司への信頼度は、仕事のモチベーションと同時に高まっていきます。

もっとも、多くの女性は、会社で仕事をバリバリこなしている上司の姿に惹かれるものです。社内の評価が低く、うだつの上がらない男性に恋愛感情を抱くケースは少ないでしょう。
女性は一般的に自分が尊敬する人へ恋愛感情を持ちやすいため、例えば、年上上司がトラブル発生時にも慌てることなく迅速に処理する様子を目にすると、ときめきを感じて恋愛に発展するきっかけになります。このように、同じ職場では女性部下が男性上司を好きになる場面は意外と多いのです。

気になる女性部下を落とす方法

「社内や同じ部署内に気になる女性部下がいるけど、年齢も離れているし、どうアプローチしていいかわからない……」という悩みを抱えた方はいませんか?ここでは、女性部下を落とすコツをご紹介します。早速明日から実践し、意中の彼女を振り向かせましょう。

良い人間関係を構築するためには、まず会話が大事です。ただ、いきなり2人きりでプライベートな話ができる関係まで発展させるのは至難の業。女性部下は現時点ではまだ会社の上司としてしか見ていないわけですから、突然仕事と関係のない話をしても、警戒心を抱かせてしまいます。

そこで、まずは仕事の悩みを相談してもらえるような「信頼できる上司」になることを目指しましょう。そのためには、女性部下が仕事で何か困っていないか日頃から気遣う必要があります。何か困っているようであればさりげなく声をかけたり、仕事量が多いようであれば他の部下に振ったり、気が利く上司になりましょう。

仕事の話を頻繁にできるようになったら、徐々にプライベートな話を織り交ぜていきます。その際にギャップを見せることがポイントです。ただし、あまりに崩れた面を見せすぎると「チャラい人」だという印象を持たれるおそれがありますので、ある程度の威厳は保つべきです。

女性部下が少しずつプライベートな話をし始めたら、男性上司は極力「頼りがいのあるお兄さん」的な存在になるように振る舞ってください。特に年齢が離れている男性上司の場合、いつまで経っても女性部下が「会社の上司」としか見てくれない可能性も高いため、努めて「お兄さん的キャラ」になる必要があります。

2人きりで話す機会が少しずつ増えてきたら、年上の魅力を見せていきましょう。女性部下に「頼りがいがある」「落ち着いている」「一緒にいて安心できる」といった感情を抱かせることが重要です。同世代の男性にはない「大人の男性の魅力や落ち着き」が年上上司の大きなアピールポイントです。高価なものを何度も買ってあげる必要はありませんが、例えば一緒に食事をしたら、女性が知らない間に会計を済ませておくなどといった気遣いをすれば、女性は精神的な余裕と一緒に金銭的な余裕も感じてくれます。

もし2人だけで休日に出かけることができるような関係になったら、彼女を連れてさまざまな場所に出かけてみましょう。わくわくするような体験を2人だけですれば、より親密になります。これを「吊り橋効果」と言いますが、一緒に非日常的な体験をすることで、親密度がグンと高まります。さらに、女性部下がこれまで知らなった新しい世界を見せてあげましょう。新しい体験に心が揺さぶられ、すでにその世界を知っている年上上司がとても魅力的に映るはずです。

仕事とプライベートの切り替えが社内恋愛のコツ

同じ会社の上司と部下の間に恋愛感情が芽生える可能性は決して低くないため、現在気になっている女性部下がいる方は、前向きにアプローチしてみてください。ただし、社内恋愛にはメリットだけでなくデメリットもあるため、その点を十分考慮して行動する必要があります。仕事とプライベートをしっかり切り替えることが、社内恋愛を成功させるコツです。